.

卒研のみどころ

 今、子供の精神的な低年齢化が問題になっていて、それを子育て支援から解決できないかと着目したのがままごと遊びです。ままごとは社会性など精神発達に必要な要素を沢山含んでるのに、今の子供はあまりしない。しかも市販のままごと道具だともうリアル過ぎて、遊びのバリエーション少ない。昔は泥や石を混ぜたりこねたりしてカレーに見立てたり、遊びの展開も色々増やせたんです。遊びは親がこれで遊びなさいって指定したり、モノがリアル過ぎてストーリーが発展しないのはダメじゃないかって。遊びのバリエーションを広げられる新しいままごとの道具を提案します。

シルバニアって

 子供の頃は一人で虫採りとかしてて協調性のない子供だったけど、小学校に上がってからは友達に付き合うような形でシルバニアで遊んでた。シルバニアのちっちゃいモノの精密さは素晴らしいよね。あのシルバニアでの遊びは普通のおもちゃと違って、自分自身が監督になってものを進めることであって、ままごとをするのは自分が女優になるようなものだった。って先生が言ってました。