.

卒研のみどころ

 江戸時代では、腹のムシや勘のムシなどの人間の身体の中にある架空の虫が人間の感情を操っているといわれ、そのムシたちの図鑑までありました。この卒研では現代になって出てきた「キレる」や「萌える」などの新しい感情(コトバ)のムシを作りたいと思ってる。ビジュアル化に際しては、文字を一度分解して用いたグラフィックで作ります。架空のムシたちをなぜ文字で表現するかというと、それらの「ムシ」たちは今では科学の発達によりいないことはわかってしまっているので、人々のコトバの中でしか生きられない存在だから。今回の卒研では9種類のムシを作って展示する予定です。

クドカンとぷーちゃん

 そうですね。宮藤官九郎さんについては東京公演に行くくらい好きでしたよ。中学の時が一番熱をあげてたかな。役者としてのクドカンが凄いカッコいいと思う。「大人計画」っていう劇団なんですけど、DVDとかよく買ってます。あとは昔のドラマが好きだったな。堤幸彦さんの演出のドラマとか。でもさ、今の漫画原作のドラマとかいい加減にしてほしいよね。面白ければ良いんですけどね。漫画も好きだし。
卒研中の息抜きはうちのわんちゃん。働かないから、プー太郎で「ぷーちゃん」って名前なの。超かわいいよ。