2011年3月6日 日曜日

編集後記「みんなへ」

 3ヶ月間の連載も今日で最終回。実は「ひとわ」の由来は「一話」よりも「人の輪」という意味合いが強いんです。この企画は2期生全員の協力なくしては不可能でした。卒研で忙しい中、みんな本当にありがとう。この企画で初めて話す人はもちろん、そうでない人も改まって話すと新しい発見が沢山ありました。卒業の前に話せて良かった。まだまだ話し足りないけど、あたり前に一緒に居られる時間はもうすぐ終わります。卒業しても2期生というつながりの輪がいつまでも回り続ける事を願って、締めの言葉と致します。

広報部 一同より

2011年3月5日 土曜日


2011年3月4日 金曜日

図録できたよ!

 88人全員の作品や研究の概要が掲載された「図録」が完成しました!全248ページと、とても読み応えのあるものになっています。表紙は金色の箔押しという見た目にも豪華な仕様です。本展に来てくださった方には無料でお渡ししておりますので、ぜひ本展にお越しください。ただ図録は数に限りがあるので早めにいらっしゃることをおすすめします。
 さらに図録には素敵なおまけもついてます!DMや名刺などが入れられるポケットが裏表紙に、気に入った人のページにはさめるピンクのしおりの2つです。卒展や図録をより楽しんでいただけるようにと考えましたので、ご来場の際にどんどん活用していただければ嬉しいです。

2011年3月1日 火曜日

.

卒研のみどころ

 今回は単語帳とカレンダーとメッセージカードの3つです。「破る」行為から紙製品を考えたのは、「破る」って木や鉄とかじゃできなくて、紙特有の行為かなって。それにカレンダー破ったり、障子に穴空けたりって破るの楽しいし。そんな「破る」行為から考えたら紙の魅力を伝えられるんじゃないかなって。3つの中では最近カレンダーが一押し。毎月の出来事を書き込んでいくと1年を通した出来事や思い出を見れて楽しいと思うのよね。病院とか毎月の予定書き込めたり使う人によって色々アレンジできて、使ってるうちに愛着わくと思うしね。ぜひ実際に展示を見て欲しいですね。

紙というより印刷加工!

 私ね、紙自体っていうよりは紙と印刷加工が大好きなの。だから紙自体を作りたいんじゃなくて、紙を使って何かしたいんだよね。紙は加工出来る幅が広いのが楽しいんだよ!装丁とかね、何の紙使ってるのかなーとか思って本屋さんでもつい表紙触っちゃう。紙を好きになったのは大学に入ってから。友達の誕生日のお手紙作るときに、セントラルの地下行ってふらーっと見てたらクラフト紙に出逢って、一目で大好きになっちゃいましたね。もっと見ていくうちにいろんな紙ある!って楽しくなっちゃって(笑) 紙は安いし、色々作れて良いよね。今では紙見本買っちゃってにやにやしてる(笑)

2011年2月24日 木曜日

.

卒研のみどころ

 高速鉄道の国際定義っていうのは時速250㎞以上で主要な区間を営業運転出来る鉄道システムなんだよね。高速鉄道車両について調べようと思ったきっかけは、最近の日本の新幹線は先端がアヒルの口みたいなのがほとんどで、毎回かっこ悪いって叩かれ##るんだよね。著名な工業デザイナーもあの形は美しくないって言ってて。なんであの形になるのか環境条件的な面や、なぜこの形が「かっこわるい」と感るのか調べました。どうすればかっこよくかつ機能的なデザインになるんだろう。あと海外と日本の高##鉄道が出来た経緯とか歴史的な事も書いてあるのでそこも面白いと思います。

エレガントさを

 なんで乗り物に興味を持ち始めたのかな。記憶にある一番古いのはさんふらわあっていうカーフェリーかな。小さい頃に釣りいったときに横に泊まってて…大きさに圧倒されたのかもしれない。よく鉄道が好きって思われてるんだけど、実は船の方が好きで。中でも一番好きなのは豪華客船。海ってどこでも行ける気がするじゃん。この船乗ったらどこでも行けるみたいな、先にあるものを連想させてくれる。あと船って昔から基本となる形のベースがあまり変わってなくて、その完成された機能美みたいなのが魅力に感じる。あと形では流れるようなエレガントなのが良いよね。